MENU

華やかな有田焼で!初めてのワンプレートおせち作りに挑戦しました

当ページのリンクには広告が含まれています。

毎年、私の実家か夫の実家で過ごすのでおせちを作る機会がなかったのですが今年はついにおせちを作ってみました~!

おせちってそんなに好きではないんですよ。

甘すぎて、罪悪感が勝る(笑)

しかも子供達もあまり食べないしどうしようかな~と思っていたのですが、

行くところはないし、暇だし・・・つくるか。ということで結婚12年目にして頑張ってみました!

で、作ってみたらけっこう美味しくてやってよかったな~と思ったわけです。そんな年末の様子をまとめてみたいと思います~♪

目次

田清窯の『金線結び 箸置き』と『富士型豆皿 金箔』

やる気を起こすにはまず食器ですよ。

来年作るかわからないおせちの為に器をそろえるのはもったいない気がしたので手持ちの器を使った「ワンプレートおせち」にしようと決めたものの、お正月向きの華やかなお皿をまったく持っていなかったので豆皿を加えて華やかにしようと思いました。

で、ネットで「お正月 器」で検索してみつけた良さげな「カネアオ」という有田焼や波佐見焼を取り扱っているサイトでみつけたこちら。

田清窯の『金線結び 箸置き』と『富士型豆皿 金箔』

か、かわいい~♡と一目ぼれしてしまいました!!

やっぱり赤とか金が正月のイメージ!!

これを使っておせちを盛り付けることに。

作ったおせちは8品

今回作ったのは

  • 伊達巻
  • 筑前煮
  • 紅白なます
  • 数の子
  • 栗きんとん
  • たづくり
  • エビのうま煮
  • 酢れんこん

です。以前黒豆は単品で作ったのですが消費するのが大変だったので市販のものを買いました。大正解(笑)

正直2時間くらいで終わるだろうと思っていたら・・・けっこうかかりました~!途中飽きたり、めんどくさくなったりとけっこう波があって(笑)31日まるまる使って完成です。

ほんと・・・おせちって手間がかかっているのね~!でも手作りだとかなり食べやすい。子供も夫も大喜びでやったかいがありました。

レシピはお料理サイト「Nadia」を参考に!

ちなみに私はそんなにお料理が得意なタイプではないです。

「Nadia」というお料理サイトに日々お世話になっているので、そちらの「お気に入り登録」が多いものを狙ってつくりました~。もう、間違いなし!

特に子供から評判が良かったのが伊達巻!

伊達巻って魚味なのにすごく甘くて・・・苦手だったのですが手作りだとおいしいし簡単でした♡

かまざわたかこさんの「基本の伊達巻」というレシピを参考に、

はんぺん・卵・砂糖・塩・酒をがーーーっとやって、

卵焼き用のフライパンで両面焼いて

すだれで巻いて冷めるのを待つ。おしまい!

コツはすだれで巻くときにぎゅっとやることくらい??

とっても美味しかった~!

一番よくわからなかったのが数の子の白い膜をとる作業(笑)

ちゃんと出来ていたのか謎です・・・

全体的に作業は単純なのですが、飾り切りだったり、数の子の白い膜をとったりと細かい作業が多い印象でした。

盛り付けた様子はこちら~!かまぼこは孔雀に飾り切りしました。

いつも使っている白のテーブルクロスに、先日の銀座菊廼舎のお菓子をくるんでいた赤の風呂敷を重ねてみたらお正月っぽくなりました~!

あとはスーパーで売っていた千両と松を飾って。

お正月用にかった有田焼もいい感じで、初めてのおせちにしてはなかなかいい出来!!と自分を褒めました(笑)

大事ですよね!?

なますを柚子に入れると、柚子のさわやかな香りが食べるたびにふわっとしてとってもよかったです。

ちなみにプレートはイイホシユミコさんのものと、ソボカイを使っています。

同じの持っていなかった~。そういうところが私らしい(笑)

まとめ

やってみてよかった!!

たぶん、たま~にしか作らないから楽しく思えたのでしょう(笑)

親戚が集まるからたくさん作らなきゃいけないとか、そういう状況だとかなり大変な作業だと思いますが、作る量も4人分でいいし、できれば一日で食べきれる量が理想だったのでちょこちょこ作ることができたのはよかった!

何より家族が喜んでくれたことと、新年早々達成感を味わえたことが一番♡

ちなみに、朝はお雑煮、昼におせち、夜におせちの残りとお赤飯という流れにしましたよ~!

ま、来年は実家でごろごろしていたらお料理が出てくるってのが理想ですけどね~(笑)!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次