今年の日焼けがシミになる前に。夏の終わりは外側と内側のケアで美白を目指そう!

暑さのピークも過ぎ、朝晩は過ごしやすくなってきました。気候が落ち着いてきた今は、シミやくすみといった肌トラブルが出てくる時季でもあります。

日焼け止めを塗っていたのにシミが出来てしまったという人は美白ケアの始めどき。

体の内側と外側からのダブルケアで、美白ケアをしていきましょう!

シミを予防する美白化粧品を取り入れよう!

白潤プレミアム
HAKU
アクアレーベル

出来たばかりのシミなら「美白化粧品」で対応を。

美白化粧品は、シミの原因となる「メラニン」の排出をサポートしてくれる頼もしいアイテム。

中でも「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」「4MSK」といった美白有効成分が配合されたものが効果的!

美白アイテムの場合、おすすめなのは『ライン使い』。同じメーカーから出ている、同じシリーズの商品を使うことで狙った効果を出すことが期待できます。

とはいっても、いきなり一式そろえるのは難しいもの。お試しセットや化粧水と乳液だけを揃えてみるのも手です。

食事で体の中から美白ケアしよう!

この時期は、美白に導く「抗酸化作用」のある食べ物がおススメ。

  • ビタミンC(ブロッコリー、ジャガイモ、パプリカ、キウイなど)
  • ビタミンA(緑黄色野菜、レバーなど)
  • リコピン(トマトなど)
  • ビタミンE(アーモンド、落花生、アボカドなど)
  • アスタキサンチン(サケなど)
  • イソフラボン(豆乳、豆腐など)

美肌への近道は食生活。さまざまな栄養素をバランスよく食べることが大事です。

ただし、ビタミンなどの栄養素はバランスよく採ってこそ体の中で運用されます。特定のものだけを食べるようなことはしないで!

日焼け止めはこれからも必須!

日差しの強い夏が過ぎたら日焼け止めはいらない?答えはもちろん、ノーです。

じつは紫外線のピークは4月~9月。まだまだ紫外線カットも必要です。しっかり日焼け止めを使って、肌を守りましょう!

夏の終わりのケアが美肌をつくる

日差しの強い夏をのりきった私たちの肌は思った以上にダメージを受けています。

食生活を意識する、美白化粧品を使う、日焼け止めを塗る。

晩夏のケアはこの3つを意識してみてください。将来シミで後悔しないためにも、今できることをするのが大切。毎日の積み重ねが美肌を作るので、しっかりケアをして日焼け前よりもキレイな肌を目指しちゃいましょう!

関連記事