MENU

【2023年】おすすめファンデーションTOP3!話題の美容液から、クッション、リキッドまで

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年買って良かったファンデーションを発表!今年話題の美容液ファンデーションから、便利なクッション、崩れない名品リキッドまで40代の筆者が実際に使って良かった3品をご紹介します♡肌がキレイに見えるのに、エイジングケア効果まで兼ね備えたイマドキファンデーションを、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次

1位 完璧な美肌に! クレドのクッションファンデ

クレ・ド・ポー ボーテの『タンクッションエクラ ルミヌ』。

今年買って良かったファンデーション第1位はクレ・ド・ポー ボーテの『タンクッションエクラ ルミヌ』。品のある美肌に仕上がるので、まさにメイクが楽しくなる一品。

おすすめポイント

クレ・ド・ポー ボーテの『タンクッションエクラ ルミヌ』。

1番のお気に入りポイントは、クッションファンデーションで簡単にメイク出来るのに、手間をかけてしっかりメイクしたような華やかな肌印象に仕上がること。頬にしっかりツヤを集め、つるんとした美肌に見えます。

混合肌の私が使うと、仕上がりはセミマット。時間が経つにつれてよりなじみ、時間が経った方がツヤ感が増します。

ほどよいカバー力とほどよいツヤ感もポイント。鼻の目立つ毛穴はしっかりカバーできますし、シミも目立たなく。頬にツヤを集めつつ、テカリに見えません。このさじ加減が、さすがクレドです。たしかに超至近距離で見ればシミは見えますが、離れてみると光で飛ばしてくれるので気になりません。

そして豪華な美容成分。よく口コミで「落としても肌がキレイ」とのコメントを見かけますが、その通り。肌がゆらぎがちな時や肌荒れ時でも、塗った瞬間美肌。私の場合、ノーメイクでいることも、肌荒れしていることもストレスになるんですね。だからどんな肌調子でもこのファンデがあれば、なりたい自分になれるところが大好きです。

頬の高い位置を中心にファンデーションつけて、ポンポンポンとまわりになじませていくだけでメイクが完成します。

気になるポイント

クレ・ド・ポー ボーテの『タンクッションエクラ ルミヌ』。

『タンクッションエクラ ルミヌ』のデメリットはコスパ(笑)レフィルは7,000円台とお手頃(?)ではありますが、1か月~1か月半しかもたないのでやはり安くはないです。頬と鼻だけしか使わない私の場合、リキッドファンデーションならワンプッシュ程度。半年は余裕で使えるので、コスパは悪く感じてしまうかな。

また、きちんとした肌に仕上がるので、アイブロウやリップなど、しっかりポイントメイクをされる方におすすめです。

とはいえ、4個も買ってしまったほどメイクのしやすさと仕上がりが個人的に大ヒット!お金があったら買い続けたい一品です。久しぶりの友人に会う時や、卒業式・入学式などのセレモニーといった、ここぞという時に使いたいファンデですよ~。もちろん、朝に使えばテンションが上がること間違いなし。

クッションファンデーションは量をとりすぎてしまうので、ほうれい線などのシワが気になる口や目のまわりは控えめにつけるのがいいかな~と思います。

第2位 崩れに強い! Diorの名品ファンデ

サンプルが良かったので現品買い(そしてリピ買い)してしまったのが『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』。もともと「崩れないファンデーション」として有名でしたが、スキンケア効果とロングラスティング効果をさらに高め2022年にリニューアル。これが、今年使ったどのリキッドファンデーションよりもバランスが良かった(笑)

おすすめポイント

『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』

Dior『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』は、夕方になっても崩れない、くすまない(黄ぐすみ)、肌荒れしないことが最大のポイント。一番の悩みである毛穴カバー力もしっかりあります。本当に崩れないので、メイク直しができない外出時や夏場に重宝しました~。

私は「マット」と「グロウ」の2種のうち、「グロウ」を使っていますが、ちょうど良いセミマット仕上がり(混合肌だから?)。クレドに比べると、そこまで“美肌”って印象には仕上がらないのですが、ずっとずっとつけたての仕上がりが続きます。

写真左が『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』

軽いテクスチャーで伸びが良く、頬に軽く伸ばしてからスポンジで叩き込むようになじませると、毛穴レスな仕上がりに。薄膜なので、オフィスメイクやナチュラルメイク、パウダーを重ねてフォーマルなシーンにも使えます。

メイクしたての感動は少ないものの、誰が使ってもキレイにメイクができるので、本当にバランスが良いです。使い勝手が良いので、ついつい手が伸びてしまいます♡

『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』にデメリットは感じていません。ただ、香りの好みが分かれそうな気はします。メイク時にふわっと香る程度なので、マスクをしたら酔うような感じではありませんのでご安心を。

第3位 話題沸騰! 資生堂の美容液ファンデ

資生堂『エッセンス スキングロウ ファンデーション』

2023年下半期、めちゃくちゃ話題になったのが美容液処方のファンデーション。KANEBOやADDICTION、SUQQUなど人気ブランドから発売されたファンデーションはほとんどがそんな感じでしたよね~。じつは気になったブランドの新作はすべて試したんですけど、どれもキレイに仕上がってびっくり。迷いに迷って買ったのが資生堂『エッセンス スキングロウ ファンデーション』でした。

おすすめポイント

資生堂『エッセンス スキングロウ ファンデーション』

『エッセンス スキングロウ ファンデーション』のお気に入りポイントは、乾燥しにくいところ。美容液処方でナイアシンアミド(保湿)とケフィア発酵エキスGL(うるおい保護)が入っており、さらに乾燥小じわまでケア(効能評価試験済み)できるところが40代向き♡

こんなファンデーション、過去にはなかった!!色のついた美容液なので、「肌に負担がかかるからファンデーションはつけたくないけど、ノーメイクの自分もストレスになる」という方におすすめ。

メイク感はでるものの、カバー力は低め。ただ、しっかりとツヤがでるので、肌がキレイに見えます。肌悩みの少ない方向けのファンデーションなのかな~とは思いましたが、すっぴんでいるよりずっとキレイに見えますし、日常生活なら十分。毎日のナチュラルメイクに活躍させています。

肌負担が少ないので、1日中ストレスフリーな使い心地も◎

気になるポイント

資生堂『エッセンス スキングロウ ファンデーション』

資生堂の『エッセンス スキングロウ ファンデーション』は、色選びが難しいな~と感じました。他のブランドだと、標準色よりやや明るめがしっくりくるのですが、このファンデーションはどれもしっくりこなくて6色くらい試しました。その結果2色を混ぜることに(笑)

グレーがかった色出しで肌から浮きやすいのかな~。うーん、なんだか色がしっくりきていません。なので、購入の際は色を吟味することが大切だと思います。

あと、保湿力が高くツヤツヤの肌にしあがるので、これが夏の季節にどうなるのかはちょっとまだわかりません(笑)

まとめ

というわけで2023年使ったファンデーションから、お気に入りTOP3をご紹介しました♡どれも仕上がりが全く違うので、1番を決めるのがむずかしかったです(笑)この3つのファンデーションが気になっていたという方は、仕上がりやカバー力、メイク持ち、プラスαの機能を参考にしていただければ幸いです。

お気に入りのファンデーションがあれば自分の肌に自信が持てますよね♡みなさまの理想の肌を叶えるファンデーションが見つかりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次